選択したアイテムを回転・反転する[高機能版]

Item Rotater Pro

  • charge
  • 2021/03/18

選択したアイテムを回転・反転する[高機能版]スクリプトです。

このスクリプトの存在意義については 知っておこう、Adobe Illustrator 回転・反転の問題点 をお読みください。

別途配布している Item Rotater の高機能版になります。

使い方 How to use

回転・反転させたいアイテムを選択してからスクリプトを実行します。

機能 Function

選択したアイテムをほぼ正確に回転・反転します。

Item Rotater Pro
  1. 選択したアイテム全体を回転・反転するか、ひとつひとつを個別に回転・反転するを選択します。ショートカットキー:F, T
  2. 回転・反転するときの基準点を指定します。Q, W, E, A, S, D, Z, X, C
  3. 選択したアイテムを左右反転します。H
  4. 選択したアイテムを上下反転します。V
  5. 選択したアイテムを入力した数値で回転します。R
  6. 選択したアイテムの形状を回転・反転したいときはチェックを ON にします。グラデーションやパターンだけを回転・反転したいときは OFF にします。N
  7. 選択したアイテムの塗りや線のパターンを回転・反転したいときはチェックを ON にします。パターンを回転・反転しないときは OFF にします。P
  8. 新機能 選択したオブジェクトの内、最背面にあるオブジェクトを基準に回転・反転します。Y
  9. 新機能 選択したオブジェクトの内、最背面にあるオブジェクトだけ回転・反転しませんB
  10. 新機能 選択したオブジェクトの内、テキスト角度を元に戻します。
  11. 新機能 ポイントテキストのアンカーポイントを基準に角度を元に戻します。
  12. 新機能 テキストの見た目の中心を基準に角度を元に戻します(あらかじめテキストに「オブジェクトのアウトライン化」効果をかける必要があります)。
  13. 選択したアイテムを複製してから実行します。option/alt + return
  • 数値入力は四則演算(+, -, *, / を組み合わせた計算)に対応。
  • 新機能 数値の先頭に/を入力することで360を割った数値を自動計算(/8と入力すると45と計算される)。
  • 数値入力時、修飾キー, で数値の増減に対応。
  • 数値入力時、command/metaキー?と, 45° 刻みの増減に対応。
  • 新機能 クリッピングマスクのマスクサイズで回転・反転に対応。
  • macOS / Windows、日本語 / 英語環境に対応。
    Item Rotater Pro

サンプル動画 Sample

実際にスクリプトを使用しているところのキャプチャ動画です。

全体で変形と個別に変形

背面基準で変形

背面を固定

テキストを復帰

サポート環境 Support environment

制作環境:macOS / Illustrator 25.2
動作確認:macOS / Illustrator 25.2

ダウンロード Download

免責事項 Disclaimer

スクリプトファイル自体の無断転載・無断配布を禁じます。
スクリプトを使用することによる、アプリケーションの不具合やファイルの破損についての責任は負いませんのでご了承ください。
まずは、ai ファイルを複製してからお試しください。